埼玉県川口市、さいたま市、蕨市、戸田市の不動産投資・収益物件はアドバンスホームにお任せください。

地域に根ざし、常にお客さまの声に耳を傾けるパートナーでありたい

私が会社を興したのは、2002年4月のこと。それ以来、埼玉県川口市を中心に戸田市や蕨市などのエリアに根付き、不動産事業に携わってきました。長年地元に関わっているからこその人付き合い、そして、それぞれについてのエキスパートが揃っていることも強みです。メリットやデメリット、物件購入の方法や売却方法など、不動産投資に関して多くの経験と知見があるメンバーが、お客様の課題解決のために持っている力を最大限に発揮し日々の業務に取り組んでいます。

私が不動産事業に携わり始めた1990年代。日本の不動産市場はいわゆるバブルの影響を受け、過渡期を迎えていました。その中でこの世界で勝負するには、どんな能力を身につけたら、不動産業界で価値ある人材になれるのだろうか。徹底して理論を学び、知識を蓄積していき、必要があれば資格を取得する。そして現場で実務を学び、意思決定に携わっていく。そういった不動産取り引きの一連の流れを経験したことで、自然と自分の力で不動産事業をしたいと思うようになりました。

不動産業界は、まだまだ胡散臭そうなイメージを持たれている方も多いと存じます。当社もたまに疑われることも(笑)。でも、私たちが真剣に仕事に取り組んでいる姿をみていただければ それでいい。すぐに何かが生まれなくても、常にお客様のことを考え続ける姿勢を貫くことから、本当の「信用」というものが生まれてくるのだと思います。

「お客様の立場に立って考え行動する。」という経営理念を掲げている、私たち。これまでもそしてこれからも、ただ販売して終わりというのではなく、お客様と密に関係できるように力を入れていく。私たちは、そう考えています。

リスクと不安は減らせる!
不動産投資をギャンブルにしないで欲しい

不動産投資は、リターンもあるがリスクも大きな投資手法です。しかし実は不動産投資は大変手堅い投資手法の一つであり、時には働けなくなったときのための収入を支える保険的な役割を果たすことも事実です。お客様も20代から80代まで幅広く、会社員や公務員、会社経営者などさまざまな方がいらっしゃいます。私たちは一つの事業として決してギャンブルにせず、不動産投資のパートナーとしてお客様を支えていきたいと考えています。

そのために重要なのは何と言ってもお互いの信頼感。本音になって話しやすい、自分の感覚にあった人たちとの付き合いが必須となってきます。いわば自分の事業をサポートしてくれるパートナーとの出会いは良い物件に巡り合うのと同等の意味を持ちます。いい情報を「カタチ」にすることが、顧客の利益を最大化することにつながり、しいてはお互いの収益も最大化できるのです。まさにWIN-WINの関係と言えるでしょう。そういったパートナーを見つけるのもアパート経営の楽しさのひとつです。

また、本当に良い物件の情報を得ようと思ったら、少なくとも3ヶ月から半年はかかることはザラにあります。購入後の管理やメンテナンスまで考えると、お客様とはまさに一生のお付き合い。単に物件を紹介する不動産屋さんにならず、絶対的なパートナーを目指しつつ、正直に末長く付き合っていけたら、と考えています。

不動産投資には、世の中を変える可能性が秘められている

不動産投資への目的は、現在の収入不足の改善や相続による税金対策、万が一自分が亡くなった際の家族の収入面での不安など、人それぞれです。しかしながら、多くの方は“お金の苦労と不安から解放されること”となるでしょう。投資の最終目的ははっきりしています。

お客様が投資した大切な物件、その利益を最大化させたいのは当然です。そういった提案をできる会社にならなければならないと私たちは常々思っています。またお客様自身も単純に収入が増えるといった面だけでなく、入居者様からさまざまなサービスリクエストがある中で、社会性を広げていくことに繋がります。

「どうしたら入居者様が喜ぶの?」「銀行融資の『信用格付』を引き上げるにはどうしたら良いの?」といった具合に不動産事業を始めると、お金に対する考え方が変わるだけではなく、人生に対する考え方が変わります。さらには不動産投資は、お客様自身のライフスタイルだけでなく、世の中すらも変えていける力があると思っています。もちろん不動産投資による社会貢献だけでは事業にならないので、しっかりと利益を出すことも大事ですが……。

不動産投資を成功させるにあたって重要となるのがパートナー選び。「長いつきあい」を成功させるためには、信頼できる相手と一緒に進むことが必要です。良い物件を案内しご購入いただく。そしてその先の半永久的な管理まで、しっかりした資産運用のために、ぜひ私たちとともに取り組ませていただければと思います。

pagetop