作成者別アーカイブ: adPcj7Home113

荒川ふれあい祭り2018年IN宅建協会

荒川ふれあい祭りに、宅建協会川口支部で参加しました。
昨年は、台風で中止になりましたので2年ぶりです。
本日は秋晴れの快晴でした。
DSC_1127あ何時もの場所です。
DSC_1131荒川
埼玉県宅地建物取引業協会川口支部です。
DSC_1129荒川
昨年同様で、向って左隣りが川口鋳物工業協同組合様で、右隣りが社会保険労務士協同組合様です。DSC_1130荒川川口鋳物工業協同組合様は子供達と一緒にオリジナル文鎮をのその場で作り、プレゼントしており大変好評でした。
私も鋳物製品の作り方を改めて見ることができ楽しめました。
DSC_1132荒川社会保険労務士協同組合様も、子供達向けのゲームや着ぐるみ等で、賑わっておりました。
DSC_1125荒川
今年は宅建の試験と重なり、「荒川ふれあい祭り」の手伝いの参加者が少なく、いまいちの盛り上がりでした。
来年も是非参加して行きたいと思います。

天達武史様の宅建川口オープンセミナー開催

9月18日に川口のフレンディアホールにてフジテレビの「とくダネ!」の気象予報士【天達武史】さんの講演会が行われました。主催は宅建協会川口支部です。天達武史様講演チラシ

講演内容は「今、知ってほしい災害対策」です。
ここ最近、大雨や台風、更には地震での災害があり大変に関心の高い内容になりました。
ご来場者も70名強と好評でした。
天達さんさんとの生立ちから、気象予報士、とくダネ出演の経緯、小倉さんとの関係など大変に興味深かかったです。
また、お題目の内容も未来の気象状況や気温上昇の原因など具体的な説明があり、クイズ形式での講演でしたの最後まで集中して受講出来ました。
天達武史様とご一緒に
最後に天達さんと二人で記念撮影です。
人柄が大変に良く、誰にでも好かれる方でした。

資産運用としての不動産投資のメリット

一口に資産運用と言っても色々な手段があります。株やFXなどで一攫千金を狙う人もいれば、手堅い手段で収入を増やしたいという人もいるでしょう。そこで資産運用において不動産投資を選択するメリットをここではお伝えします。

f7448c93b3a696fae9216c98b4e6888e_s

1.換金性と安定性が高い
不動産投資のメリットはその安定性と換金性の高さです。不動産は物品などの動産と違って、経年により価値そのものは下がりません。価格は需要と供給の関係によって変化をしていきますが、減価償却もなく価値は保たれているのです。そのため不動産を持っていても換金できなくなる可能性は非常に小さく、少なくとも東京や神奈川、埼玉などに土地を所有していれば何十年何百年とその価値が損なわれることがないのです。
株は購入しても価格のボラティリティが激しいですし、相場の変動により1日で2割3割と価値が変わります。
しかし、不動産はそのような急激な相場の変動はありません。価値が比較的安定しておりまた物価の上昇とともに地価も上昇するので、インフレにも強いというメリットがあります。

 

2.不労所得に近い収入を得られる
不動産投資のもうひとつ大きなメリットは、不労所得に近い状態も収入が得られる点です。住宅やビルを個人又は事業所に貸し出すだけで、定期的に賃料収入が得られます。
もちろん物件を購入して貸し出せる状態にするまでは自分で作業が必要ですが、一度貸し出してしまえば、その後賃料収入となり、作業を伴わない収入を増やせます。
不労所得を多くして悠々自適な生活を送りたいという人に特に向いていますし、サラリーマン投資家として多忙な本業の副業として所得を増やしたいという人にも向いています。

 

3.埼玉県南部は今不動産投資の対象として熱いエリアである
最初にお伝えしましたが、不動産投資は需要と供給の関係で価格が変わってきます。つまり不変の価値がある資産を得るには、しっかりと10年後20年後と需要のあるエリアを見抜いて不動産投資をしなければいけません。
そして今不動産投資の対象として非常に多くの人から注目を浴びているのが埼玉県の南部、特に東京寄りのエリアです。川口市などは東京への交通の便もよく東京に通勤する人や大宮方面に通勤する人のベッドタウンとして、現在人口が増加しています。
不動産投資では勝ち組と負け組のエリアははっきりと分かれてきていますが、埼玉県南部や東京北部エリアは現在限りなく勝ち組と言える状態です。
それだけに埼玉県南部に住んでいる方、またそのエリアに土地勘があって詳しい方は、是非とも投資の中でも、不動産投資を検討していくと良いでしょう。

不動産投資は生命保険の代わりになるって本当?

不動産投資というと、リターンもあるがリスクも大きな投資手法である。そのため一般的なサラリーマンにはあまり縁がないと思っている方もいるかもしれません。
しかし実は不動産投資は大変手堅い投資手法の一つであり、時には生命保険の代わりにもなるのです。そこで不動産投資の持つ意外な役割を見ていきましょう。

7a7ca5b39ac503d64039801ee3a4ff8a_s

1.投資用ローンには団体生命信用保険が付く
不動産投資を行う時には、基本的には金融機関からアパートローンやマンションローンなどの投資用ローンの融資を受けます。 住宅ローンの融資を受けたことがある人ならばご存知でしょうが、このような多額のローンには債務者が亡くなった時に返済を免除する、「団体信用生命保険」がセットになっていることが殆どです。この保険に入っておくことで一家の大黒柱が亡くなり、遺族に返済能力がなくなっても、遺族は家を失わずに済むのです。
そしてアパートローンなどの融資にもこの団体信用生命保険はセットになっています。つまりご主人が亡くなったり、働けなくなったりしても投資用ローンの返済の義務がなくなるので、資産を失う心配はないどころか投資用物件が手に入るのです。

 

2.働けなくなっても不動産が副収入源になる
最近は働けなくなったときのための収入を支える保険があります。しかしそういった保険などは意外と保険金を受け取るための条件が厳しく、思っていた時に受け取れないという人もいます。
しかし不動産投資用物件ならば、働けなくなった時にもアパートやマンションといった不動産が自分たちの手元に残ります。 投資用物件を運営して家賃収入を得られれば、一家の収入源が無くなった時でも、その減少をカバーしてくれるのです。生命保険は亡くなった際にお金がおりますが、その後の収入は保証してくれません。しかし不動産投資であれば借金がなくなる上に資産を得る手段は残されるという、二重の意味でのリスクカバーにつながるのです。

 

3.貯蓄型の生命保険よりも利回りが良い
また生命保険と比較をする時に気になるのは、保険金額ではなく。満期になった時の返戻金という人もいます。
一般的な生命保険は満期の返戻率は120%から130%と言われています。仮にこれが満期15年だったとすると、一年あたりの利回りは1%~2%です。
しかし不動産投資であれば、新築物件でも収益性を表す利回りの数字は一年間で購入価格の4~5%。中古物件ならば7~8%を得るのも難しくありません。
もちろんそれだけ手間やリスクも存在しますが、投資対象、そして保証という意味を考えると、生命保険よりも不動産投資の方が優れているとも考えられそうです。
特に今需要のある埼玉県南部、川口市や戸田市などに不動産を購入すれば、副収入、保険、将来の備えといろいろな面で生活を保証してくれるでしょう。

不動産投資における区分物件と一棟物件、それぞれのメリット

不動産投資を行う上で分譲マンションなどの区分物件を購入するのか、それともアパートやマンション一棟丸まる購入するのかを迷う人も多いでしょう。
そこでそれぞれが持つ特徴とメリットそして埼玉県南部でそういった不動産投資を始めるのであれば、どちらの物件が向いているのかここではお伝えします。

2899126b4f391a47ae6888ab0db8f217_s

1.区分物件は購入しやすいことがメリット
区分マンションなど区分物件の最大の特徴は、購入価格が安いため自己資金がない人でも購入しやすい点です。北区などであれば、都内の区分マンションでも中古であれば1,000万円以下で購入できますし、埼玉県川口市や戸田市付近であればもっと安い価格で購入できるものもあります。
不動産投資を始める時にできるだけリスクを抑えるため、融資の金額を減らしたいと思う人もいるはずです。そういった人でも数百万円の自己資金があれば、区分物件を購入してそれほど大きな金額を借りずに不動産投資を始められます。
また区分マンションなどは立地が駅近くなど、一人暮らし向けの物件が多く単身者世帯向けの物件となっています。比較的低価格で購入できて、単身者の需要が高い、客付けしやすいのが区分物件のメリットでしょう。

 

2.一棟物件は投資効率が良い上に土地を所有できる
一棟物件のメリットは土地を所有できて、そして投資や管理の効率が良いという点になります。区分マンションでマンションの敷地を戸数で割った土地しか所有できません。
しかし、一棟物件ならば建物だけではなく、土地まで自分の所有です。そのため資産価値が下がりにくく売却も容易です。また管理を委託する場合も建物まるまる任せられるので、コストを抑えられますし、大規模修繕費なども個別管理物件より抑えられます。
また中古アパートならば木造物件が多いため、一部屋あたりの購入費用は区分マンションよりも格安です。一棟物件内には複数の部屋があるので、空室が一部屋で発生しても一気に収入が0円になるわけではありません。

 

3.川口市付近で選ぶならば一棟アパートを狙いたい
もし埼玉県南部で区分物件か一棟物件を購入するのでしたら、今ならば一棟物件を狙いたいところです。埼玉県南部であればまだ東京ほど地価が高くなくないので一棟物件も購入しやすいです。また公示地価の上昇を見ると、今後川口市などもさらに地価が上昇しキャピタルゲインを得られる可能性もあります。
そして人口が増加しているため、一人暮らし向けのアパートの需要の高いです。つまりインカムゲインとキャピタルゲイン両方を得られるのです。
もちろん区分マンション投資でも十分に収益を得られる可能性が高いですが、ある程度まとまった資金を用意できる人であれば、一棟アパートの方が大きな収益を挙げられるでしょう。
逆に投資初心者の人は、管理しやすい区分物件をおすすめします。

夏季休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てをいただき厚く御礼申し上げます。
弊社では、誠に勝手ながら下記日程を夏季休業とさせていただきます。

<夏季休業期間>
2018年8月8日(水)~2018年8月16日(木)

休業期間中にいただいたお問合せについては、営業開始日以降に順次ご回答致します。
皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

川口たたら祭りに宅建協会川口支部参加!

8月4・5日と「たたら祭り」に宅建協会川口支部として例年通り参加しました。
たたらDSC_0919
第40回ということは、40年の歴史がありますね。中核市川口は人口60万人、外国人約3.5万人、登録していない人も含めると約6万人と10人に1人が外国人です。国際都市、川口市に変貌しております。
たたらDSC_0920 川口オートレース場内です。       たたらDSC_09115日の夜は花火大会になります。
たたらDSC_0913
たたら祭りの出店です。 たたらDSC_0917たたらDSC_0918宅建協会川口支部です。一般のお客様の不動産無料相談とノベルティを配布しております。お子様向けの風船、ウエットティッシュ、ティッシュ等と無料のセミナーのご案内もしております。
たたらDSC_0916
無料セミナーのご案内です。テレビでお馴染みの天達 武史様(天気予報士)が講演致します。是非、ご友人やご家族でご参加下さい。何名でも無料です。無料セミナーのご案内

不動産投資における換金性とリスク

不動産投資を始める時のリスクとして、物件を購入したものの誰も入居せず、売却もできないまま多額のローン返済だけ残ってしまう。そんな懸念を持つ人もいるかもしれません。
しかし不動産は日本全国の不動産屋のネットワークで中古市場が確立されています。そのため不要になった不動産を売りに出せば、売れないということはまずないのえす。そんな不動産の換金性の特徴を見ていましょう。

c4d9db7d2c159f74f30745bb3ebd44f6_s

1.不動産は購入した価格より高く売れることもある
まず不動産は機械などの動産と違い、価値が大きく低下するものではありません。まず土地というものそのものの価値は不変です。災害でも起きて陥没でも起こり、土地としての機能を損なわない起きない限りは、その土地を所有しているという資産価値は変わらないのです。
もちろん価格は需要と供給の関係で変動します。しかし、少なくとも東京23区内そして東京23区に隣接する神奈川県、埼玉県南部、千葉県西部などのエリアに限れば、日本の首都周辺にあるため価値が大きく下がることはまずありません。
そして物価というものは徐々に上昇していきますから、インフレに応じて不動産の価格も値上がりしていきます。つまり何十年も所有する前提でいれば、土地は購入した時よりも高く売れる可能性が高いのです。

 

2.不動産の売買市場は業者間で強固に形成されている
そういった価値の急激な下落が起こらない面と、もう一つ不動産の換金性に関する大きなメリットが、流通市場が確立されている点です。全国の不動産業者はレインズという情報サイトを元に不動産売買を行っています。そこには現在売りに出ているあらゆる物件情報が掲載されており、多数の業者がその情報を閲覧して売却と購入活動の仲介を行っています。
不動産に関するノウハウ本やサイトもありますし、最近では専業投資家だけではなくサラリーマン投資家も増えています。不動産テックの進歩によって、ネットを媒介に手軽に不動産売買ができるようになってきている背景もあり、不動産売買は多くの人にとって身近なものになっているのです。
そのため物件の情報を発信すれば一度に何万人もの人が同時にチェックできるので、すぐに売り手を見つかるようになっているのです。

 

3.賃貸需要のある物件は売れるのも速い
また賃貸需要のある物件ならば売れないということはまずありません。特に最近では外国人投資家も増えてきており、日本人だけではなくアジア各国から日本特に東京近隣の不動産は注目を浴びています。
仮に現金が必要になって処分したく鳴っても、収益性がある都心のマンションなどであれば、物件情報を掲載しただけですぐに買い手が見つかることも多いのです。
不動産は資産価値の部分、そして流通面のメリットがあるので、換金しやすく、万が一売りたくなっても大きな借金を負うリスクは低いのです。

 

もちろん収益を得られる賃貸需要のあるエリアを選ぶという点は忘れてはいけません。東京都内では23区の北部、そこに隣接する川口市や戸田市などは今人口が増えており、賃貸物件の需要も高いエリアです。そういった場所を選んで不動産を購入していけば、借金を負うリスクを非常に小さくできるでしょう。

サラリーマンの副業になぜ不動産投資が向いているのか?

サラリーマンの副業に不動産投資がおすすめであるということはよく言われます。それはサラリーマンという属性を最大限活かせる投資手法が不動産投資だからです。では具体的にどういった面が、不動産投資に向いていると言われるのでしょうか。

e34f2c96534464a357ed08db98c9220a_s

相場の変動が大きな投資はサラリーマンには難しい
副収入を得る手段というと、株やFXの売買が有名です。これらの投資手法は勉強するための手段も豊富で、経験者も周囲にいる人が多いでしょうから。アドバイスを受けながら投資を始めるのはそう難しくはありません。

しかし始めるのは簡単でも、利益を出すのは簡単ではないのです。常に相場をチェックしていなければいけませんしFXは深夜も相場が変動しているので、気の休まる時がありません。仕事の都合で常に相場をチェックしていられないという人は、安定した利益を出すのが難しいどころか、損失を発生させることも多いのです。

 

 

不動産投資は実作業が少ないので、休日副業に最適
一方で、不動産投資は常に相場のチェックなどをする必要はほとんどありません。物件を購入して、人に貸すまでは確かに時間がかかってしまいます。しかし一旦に入居者が決まってしまえば、退去が出るので基本的には全くやることがないと言っても良いのです。

時々不動産屋に電話やメールで相談をしながら、今後の方針を決定したりする程度です。退去が出やすいのも年度末ですから、忙しい時期もある程度決まっており、スケジュールを立てやすいです。

それだけに休日の作業だけで十分利益を出すことができますし、利益自体も安定しているのです。

 

 

サラリーマンならば融資も受けやすい
不動産投資を始めるには物件を買わなくてはいけませんから、数百万円、時には1,000万円以上のお金が必要です。そのためお金がないので始められないという人も多いでしょう。

しかし収入が安定しているサラリーマンは不動産投資を始めるには最適な職業なのです。ある程度大きな会社に勤めていて、倒産リスクが低ければ、自営業で年収一千万を超える人よりも、サラリーマンの方のほうが融資を受けやすいのです。

20代、30代といった若手のサラリーマンでも、1000万円程度のワンルームマンション投資ならばすぐに始めることができます。サラリーマンや公務員など、収入が安定しているという特性を活かすのであれば、是非不動産投資を始めてみてください。

特に埼玉県の東京寄り。川口市や戸田市、蕨市といったあたりは現在人口も増えており賃貸需要が高く、不動産投資を始めるのに最適なエリアです。価格も東京都内よりもお手頃ですから不動産初心者にとっては収益性を確保し、リスクを抑えて不動産投資を開始できるでしょう。

不動産投資の大きなリスク…空室リスクとどう向き合うか

不動産投資は大きなお金が動くだけにそれなりのリスクが存在します。しかしリスクを知っておけば、リスク対策も不可能ではありません。そこでここでは不動産投資でも最も大きなリスクと言われる、空室リスクとその対策について考えてみましょう。

607f42e3cf75011b9b1921a4da9c805f_s

1.空室リスクは不動産投資最大のリスク
不動産投資をする際には現金で一括買いする人はまずいません。基本的には金融機関から投資用ローンの融資を受け、家賃収入からそのローンを返済していきます。そのためせっかく購入した不動産が空室では家賃収入は得られないため、毎月のローンが返済できなくなることもあります。この空室リスクこそが、不動産投資を行う上で最も考えておかなければいけない最大のリスクと言えるでしょう。
ローンの返済ができなくなれば、当然物件を手放さざるを得ません。物件を処分してローンの残債を完済できれば良いですが、もし売却時の価格が購入時の価格より下回っていると最悪の場合、自己破産をしなければいけない時もあります。それだけに空室リスク対策は予め入念に検討しておきましょう。

 

2.空室リスクを避けるには川口市や戸田市など人口が増加している場所に物件を買う
空室リスクを避けるのであれば、最も早い対策は人口が多い場所に物件を購入することです。人口が多ければそれだけ賃貸物件の需要も比例して増えますから、空室は発生しにくくなります。例えば物件価格が手頃な埼玉県内で見ると、東京都に隣接して、通勤・通学の便が良い埼京線沿いや京浜東北線沿いのエリアで、最近人口が伸びています。
特に川口市や戸田市などは人気のエリアとして最近不動産賃貸物件も数多く建てられており、地価が安いので都内の物件より高い利回りと収益性が期待できます。

 

3.東京や埼玉の東京近郊エリアなら、単身者向け物件もファミリー向け物件も需要がある
また東京都内でも北区は赤羽を中心に非常に交通の便が良いエリアですし、埼玉でも蕨市なども人気が高まっています。これらのエリアでは単身者向け物件はもちろん、ファミリー向け物件の需要も十分あります。
入居が決まりやすく、高い利回りを見込める単身者向け物件。そして入居が決まってしまえばなかなか退去が起こらないので安定した収益を見込めるファミリー向け物件。その両方を運用することが可能です。
このように人口が増えているエリアを狙って不動産物件を購入していけば、空室リスクを避けて安定した収益を見込むことができるでしょう。