不動産投資とは①

株式、商品、今はやりのFX、そして不動産。投資には様々な種類がありますが、中でも「不動産投資」とは一体どのようなものなのか。その基本的なポイントを解説します。

347a49e87ef77c7c0a26b5ac647543ce_s

不動産投資とは
不動産投資は、収益を得る目的で不動産に資金を投下することです。元になる不動産は、今所有しているものを使用する場合と、これから購入するものを使用する場合があります。

 

不動産投資と他の投資種類との違い<リスクと見返り>
投資には「リスク」と「見返り」が存在します。そして一般的に、リスクと見返りは比例し、高リスクなものほど見返りも大きいということになります。例えば株式投資の場合、短期間に激しく価格が変動するケースが多く、リスクと見返りともに大きなものになっています。反対に預貯金等はリスクがほぼない分、得られる見返りも低くなっています。そしてこの中間に位置するのが不動産投資ということになります。もちろん、不動産投資にも空室リスクや賃料下落等のリスクはありますが、株式等と比較するとよほど安定しているといえます。そして得られる見返りは、預貯金等よりは大幅に大きいものになっています。そもそも、安定した定期収入を得るための不動産投資を選択する人も多いことでしょう。

 

不動産投資の魅力①:2種類の収益が期待できる
不動産投資では、不動産を人に貸したり利用してもらうことで得られる賃料収入(インカムゲイン)と、購入した不動産をその価格以上で売却することで得られる利益(キャピタルゲイン)という、2つの収益の仕組みがあります。そしてもちろん、一定期間賃料収入を得た後で、売却をして売却益を得るということも可能です。

 

不動産投資の魅力②:金融機関が融資に積極的
多くの場合は、投資不動産を購入する場合金融機関からの「不動産投資ローン」を利用することと思います。通常では、何か事業をするときには資金が必要であり、これを金融機関から借りるのですが、金融機関が資金を貸してくれず、事業計画を断念するというケースもおおいでしょう。しかし、不動産投資という事業においては、金融機関が積極的に融資をしてくれます。その理由としては、金融機関が「不動産には安定的に収益を生み出す価値がある
と捉えているからです。また、不動産そのものにも資産としての価値があり、換金化が図れる見込みがあることも評価されるのでしょう。

 

不動産投資の魅力③:その他数多くのメリットがある
不動産投資には、次のような多くのメリットがあります。
●安定した収入の確保が確保できる
●節税効果がある
●相続対策になる
●インフレーションに強い
●生命保険の代わりになる
●私的年金の確保ができる

こちらに挙げた不動産投資のメリットについては、このサイトの別コラムにても解説していますので、そちらも参考にしてみてください。次の「不動産投資とは②」では、不動産投資の種類についてみていきます。